親の借金

「親が多額の借金をしていた!」借金に気付いた子供が今すぐやるべきこと

親が多額の借金をしていた場合、子供にも何らかの影響が必ずあります。

「親の借金だから、自分には関係ない!」と突っぱねてしまいたくても、親に「一緒に返済して欲しい」と言われたり、親が病気などで借金返済が難しい状況になった時、子供が肩代わりをせざるを得ない場合もあるのです。

私は、母親が多額の借金をしていることが分かった時、「やっぱりな」という気持ちと、「どうするつもりなのだろう」という気持ちが湧き起こりました。

つまり、その時は『母親の借金が自分に降りかかってきている実感』が無かったわけです

しかし母親の借金は子供の借金でもあると、そのあとに思いました。なぜなら、その多額の借金のおかげで私の収入はすべて返済に消えてしまったからです。

今思えば、母親の借金は母親の責任で返済するべきで、もっと突き放しても良かったのではないかという後悔があります。

私が10代でアルバイトを始めた頃から母親が自己破産をするまで、朝から深夜まで仕事をかけもちして稼いだお金は、全て母親の借金返済とパチンコに消えていきました。

そのことは本当に悔しいですし、それにも関わらず「私はこれまでの人生で誰にも迷惑をかけたことは無い」と平気で言いきる母親を見ていると呆れて言葉が出なくなります。

そこで、こちらの記事では母親の多額の借金で苦しみ続けた私が、親に多額の借金があると分かった時に子供がやるべきことをまとめました。

私のように親の借金で子供が苦しまないように、少しでも負担を軽くする為に参考にしてみて下さい。

親に多額の借金があった!子供はどうすれば良いの?

私自身、母親に多額の借金があると分かった時には大きなショックを受けました。

それまでにも「お金に困ってるんだろうな」ということは分かっていましたし、以前記事にも書きましたが、家に借金の取り立てが来たこともあったので、借金していることは知っていました。

家に借金の取り立てが来た時の体験談|払えない時は外に連れて行かれることもある 私の家には借金の取り立てがよく来ていました。 借金の取り立てって、めちゃくちゃ怖い男のイメージじゃないですか? 漫画...

でも、実際に母親の借金の額を聞いてみると、想像の何倍も大きくて、聞いた瞬間に「返済は無理じゃないか?」と感じたほどでした。

その時の母親の借金は「120万円」でしたから、世間一般でいうと多額の借金ではないかもしれません。

しかし母子家庭で母親の月収12万円と私と兄のバイト代でギリギリの生活をしていた我が家にとっては、120万円がものすごく大きな金額に感じたのです。

3人で力を合わせて早く完済しよう。と、その時は話し合いました。

それなのに、返済しても、また母親が借金を重ね、返済しても借金を重ねで、完済どころか、1年後には200万円に膨らんでいました。

母親の多額の借金を知った私や兄が必死で働けば働くほど、母親は湯水のように使ってしまい、それがバレないように借金をして誤魔化していたのです。

親の多額の借金の原因はパチンコだった

私の母親の多額の借金の原因はパチンコです。うちに限らず、多額の借金を抱える親のほとんどはギャンブルが原因なのではないでしょうか。

FXなどの投資で失敗という可能性もありますが、うちのような貧困家庭で多額の借金を作る場合は、パチンコが原因になっていること多いのかもしれません。

それ以外で、借金が大きく増えることってないような気がします。

パチンコでの借金は本当に厄介です。お金を使っても使っても手元には何も残らないので、本当にお金をドブに捨てるのと同じ結果になります。

その上、本人は過去に何度かパチンコで儲かったことを成功体験のように覚えていて、「今回は負けたけど前はメチャクチャ儲かったんだ!」と、パチンコを『稼げる仕事』のように思い込んでいるのです。

ちょっとでも計算してみれば、自分がどれだけパチンコで損をしているか分かりそうなものですが、母親はパチンコ依存症なので、勝ったことだけが強烈に頭に残っていて、負けたことはすぐに忘れてしまうようでした。

親の多額の借金を子供は返済した方が良い?

親に多額の借金があることが分かると、「なんとかしなければ」と、返済を手伝う子供がほとんどだと思います。

私と兄も大きなショックを受けながら「でも、みんなで協力するしかないね」という感じで、そこから全面的に協力するようになりました。

でも、それがダメだったのです。

やはり「返せるアテが無いほど多額の借金を作ってしまう親」というのは、どこか頭のネジが足りないと言うか、常識的な考え方が出来ない人が多いと思います。

私の母親は先ほども書いたように、私と兄が借金の返済を手伝うことで、安心してパチンコにお金をつぎ込むようになりました。

当時の母がやっていたことは、このような感じです。

  1. 私と兄が借金返済の為に給料を渡す
  2. 母がそのお金を持ってパチンコに行く
  3. パチンコでお金を使い込み、借金返済が出来なくなる
  4. 家賃や生活費を借金返済に回す
  5. 生活費が足りないから更に借金をする
  6. 1に戻る

子供から受け取ったお金をすぐに借金返済に充てれば良いのに、母いわく「もっと増やしたかった」「子供達に迷惑をかけたくなかった」という理由で、その足でパチンコに行ってしまう。

そしてもちろんお金が増えることは無く、全てを無くして、仕方が無いから手をつけてはいけない生活費で借金返済をする。

すると今度は家賃が滞納したり光熱費が払えず止められたりするので、それを支払う為に、新たに借金を作ってくる。

このムチャクチャなサイクルをずっと続けていた母ですが、増え続ける借金で、ついには「もっとお金が必要だ」と私たちに言ってきました。

その時には、家賃は半年分滞納して、電気ガス水道は止められる寸前、職場の同僚や親戚からも借金をしており、その上、町内会の役員として集めていた会費を使い込み、それを明日までに用意しないと近所中に謝りに行かなくてはいけない状況だったのです。

収入のほとんどを母親に渡し続けてきた私と兄は、その事実を知って愕然としました。

借金は減っていると信じていたのに、減るどころか増え続け、その他にも今すぐ支払わなくてはいけないお金が山のように積み重なっていました。

親の借金返済は手伝わない方が良い

私は上記のような経験があるので、親に多額の借金があっても子供は無視した方が良いと思っています。

子供が一緒に負担すればするほど、親に甘えができて更に借金を大きくしてしまい、悲惨な結果を招きかねないからです。

もちろん自分の親ですから、まったく何もせずに冷たくあしらうことは難しいかも知れません。

でも、一度でも親の借金に巻き込まれると、途中で抜け出すことはほぼ不可能。完済まで一緒に頑張るという覚悟が無ければ、親へのストレスが爆発してしまうこともあると思います。

金の切れ目が縁の切れ目といいますが、たとえ親子でもお金のことで大迷惑をかけられると憎しみが湧いてくることもあります。

私は今でも母親に腹が立っていますが、兄は男としてどうしても気持ちが収まらないようで、今では母親と絶縁状態になってしまいました。

それくらい、親の借金を子供が一緒に負担するのは苦しいことなのです。

親の借金から逃れる為には、親と完全に離れなくてはいけません。ただ、その場合でも親に借金がある以上は、親が亡くなった後に子供に返済義務が発生するので安心は出来ません。

親の借金は債務整理させるべき

私達親子が借金地獄から抜け出せたのは、母が債務整理(自己破産)をしたからです。

母に多額の借金を告白されてから5年くらいたっていたでしょうか。

その頃には兄も母の借金のせいで多重債務に陥っていて、結局、母に続いて兄も債務整理したのです。

自己破産については否定的な意見もあると思いますが、私は母が債務整理をする決心をして借金を無くしてくれて本当に良かったと思います。

もしもあのまま借金の返済を続けていたら、家族みんなが憎しみで頭がおかしくなっていたかも知れません。

母も多重債務で借金が大きくなりすぎたことが原因なのか、だんだんと言動がおかしくなり、目つきも悪くなって普通ではない様子がありました。

もう本当に限界の状態まできていたからこそ、母も自分から債務整理をしたのだと思います。

多額の借金は債務整理するのが一番良いです。

自己破産すると家や車などの財産が没収されたり、一定期間クレジットカードが作れなかったり、色々とデメリットはあります。

けれど、私達のように借金が原因で生きるか死ぬかのような状態にまでなっているなら、深く考えずに今すぐ自己破産をするべきです。

親が自己破産したら子供はどうなるのか…と、不安に思う人も多いですが、実際に経験した私から言わせてもらうと、拍子抜けするくらい、ほとんど悪影響はありませんでした。

親が自己破産した時の体験談は、こちらの記事でまとめています。

親が自己破産したら子供はどうなる?母親と兄が自己破産して分かったこと 借金が増えすぎて返済が間に合わなくなった時、「なんとかラクになりたい」という気持ちで自己破産を考えることもありますよね。 ...