クレジットカード

買い物依存症の彼女にはリボ払いでショッピングをさせてはいけない!

最近増えている買い物依存症。男性よりも女性に多いのだそうです。

買っても買っても満足できずに、常に「何か欲しい」という気持ちがあるため、買い物にかかるお金が足りなくなってしまうこともあります。

そんな時、利用してしまいがちなのがショッピングのリボ払い。

リボ払いだといくら買い物をしても毎月決まった金額しか引き落とされません。

欲しいと思ったものをすぐに買わなくては気が済まない買い物依存症の人にとっては、ショッピングのリボ払いは最高のサービスですよね。

ただ、買い物できる上限金額が無制限ではないのと、リボ払い残高には利息がつくということを忘れていると、痛い目にあうかも知れないのです。

もしも彼女が買い物依存症だったら…

私が以前働いていた職場では、完全に買い物依存症と思われる女性がいたのです。

いつも新作のバッグや服を身につけていて、見た目にもオシャレで華やかでした。

印象的だったのが、常に通販雑誌を手元に置いていて、休憩時間になると食い入るように見てチェックをしていたこと。

毎月自動で商品が届く定期サービスも利用していたようで、毎日のように「昨日はこれが届いたの」と見せてくれたりしていました。

私から見るともうすでに充分なくらいたくさんのものを持っているのに、まだ何か欲しいのかな…?と、その時はすごく不思議でした。

お給料も私とあまり変わらないはずですから、どうやって買い物代を捻出しているのか不思議だったのですが、なんとその買い物代金は彼氏に払わせていたのです。

ある日、私が「◯◯さんは高価なものをたくさん持っててすごいですね。お家がお金持ちなんですか?」と冗談まじりに聞くと、「ううん、彼氏のカードでリボ払いで買ってるの。自分ではとても払えないから」と言っていました。

その時は「太っ腹な彼氏だなぁ」と感心していましたが、よく考えると、彼氏も払いきれないからリボ払いにしているわけですよね…

毎月増え続けるリボ払い

私が知っている限りでも、彼女は月に10万円以上は買い物をしていたと思います。

彼氏が毎月いくらずつリボ払いしていたか知りませんが、普通のサラリーマンだと毎月10万ずつ増えていく借金なんて、払うのは難しいと思います。

しかもリボ払いは利息がつきますから、残高が増えれば増えるだけ、返済金額も大きくなっていきますよね。

彼女の方は悪びれること無く、次々に欲しいものを通販カタログから注文したり、ショップに買いに行ったりしていたのですが、自分で払わないのに平気でどんどん買い物が出来るのって、やっぱり買い物依存症だからこそだと思います。

買い物依存症は治らない?

買い物依存症だけに限りませんが、依存症って、自力ではなかなか治らないそうです。

一時的にましになっても、精神的に不安定になった時にぶり返すこともあるのだとか。

なので、もしも付き合っている彼女が買い物依存症の時は、リボ払いのショッピングなんてさせてはいけないと思います。

また、彼女じゃなくて家族だとしても、買い物依存症の人の買い物代金を本人以外が負担するのは危ないように感じますね。

買い物依存症の人にとって「買い物したい」と言う気持ちは底なし沼のように終わりが無いので、そこを受け入れてしまうと、そのうち破産してしまう可能性もあると思います。

私の元同僚も、傍から見ると普通のきれいな女性でしたが、買い物への執着はかなりのものでした。

自分が選んで買ったもの以外でも、誰かが良さそうなものを持っていたらすぐに「これどこで買ったの?」と食い付いてきて、次の日には同じものを持っていたり…

周囲が引いてしまうくらいの物欲があったので、それを支える彼氏の金銭的負担は大きかったのではないでしょうか。

買い物依存症を本気で治すなら、精神科医などの専門家にお願いするのが一番だと思います。

もしも身近に買い物依存症の人がいる場合は、要求をのんで無制限に買い物をさせたり、払いきれないからと言ってリボ払いにせずに、医療機関の受診をすすめた方が絶対に良いと思います。