毒親

親の借金は子供にも返済義務がある?肩代わりして苦しまないために考えておくこと

親が多額の借金を抱えていると、「子供も一緒に返済するべきだ」と、周囲から責められているように感じて、借金返済の負担を親子で背負ってしまうことが少なくありません。

時には、親から「お前の学費のために借金をしたんだ」「子育ての費用が足りなくて借金が増えたんだ」と言われてしまって、自分に責任があるんだ…と、思い込んでしまうこともあるでしょう。

私や私の兄もそうでした。借金は母親のパチンコ依存症が原因と思いながらも、どうしても突っぱねることは出来ず、無意識のうちに『親の借金に対する返済義務』を感じてしまっていたのです。

でも、親の借金は子供の責任ではなく、法律でも、親の借金の返済義務は子供にはないと定められています

それなのに、私と兄のように、実際には親の借金で子供に返済義務はないけれど、親子だという事で、結果的に借金を一緒に背負ったり肩代わりしている子供もたくさんいると思います。

こちらの記事では私の経験を踏まえながら、親が多額の借金をしていて子供にも責任があると迫られた時の対処法を、詳しくまとめておきました。

親の借金を子供がどこまで手助けするべきかは、なかなか他人に相談しにくいことですよね。

そんな時にこの記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

親の借金は返済しなくて良い?

親が作った借金は、子供の借金ではありません。

なので、借金の連帯保証人に自分がなっていないなら、返済義務はないのです。

とはいえ借金まみれの親と同居していると、どうしても親の借金返済を助けざるを得ない状況があると思います。

別々で暮らしている私でさえ、親の借金の返済を手伝っていたのですから、一緒に暮らしていたら絶対に親にアテにされてしまいますよね。

法律上は親の借金を子供が背負う必要は無いと決まっているのですが、もしも借金返済で親が生活に困窮している場合には、子供には生活扶助義務あります

これは民法で定められているので、親の借金を返す義務は無いけれど、生活が出来るように手助けする義務はあるということは覚えておいた方が良いかもしれません。

生活扶助義務とは、扶養義務者が経済力に余力があり、要扶養状態にある権利者に健康で文化的な最低限度の生活を援助する義務を意味する。

生活扶助義務は未成熟子・配偶者以外の親族一般に対する義務とされる。

生活保持義務とは -意味/解説/説明 | 弁護士ドットコムで法律用語をわかりやすく

親の借金は肩代わりしない方が良い!

貸金業法という借金に関する法律で、禁止されている行為として「債務者等以外の者に対し、債務者等に代わって債務を弁済することを要求すること。」というのがあります。

つまり、お金を借りた本人以外の人に、その借金の返済を求める事は法律で禁止されているのです。

親の借金の返済義務を迫られたら?

親がお金を借りている人から「子供にも責任はある」「返済に協力しろ」と言われることもあると思います。

銀行や消費者金融だと法律が厳守されますが、知人や親戚など、個人から借りている時には、子供に向かって「お前も払え」と迫られるケースはよくあるのではないでしょうか。

実は私も、母親がお金を借りた相手から「子供なんだから返済してくれ」といわれた事が何度もあるのです。

ある時は、母親の職場の上司や友人から電話がかかって来て、「お母さんが貸したお金を返してくれないから、かわりに払ってくれ」と、強い口調で言われました。

私はまだ未成年の時だったのですが、一応働いていたので、「仕事してるんでしょ?給料いくら?」みたいなことを根掘り葉掘り聞かれました。

親が自分の知らないところで他人に借金をしていたこともショックですが、それを「お前にも責任があるんだから返済しろ」と、見ず知らずの人に言われるのもつらいですよね…

しかしそこで落ち込んでいても仕方が無いので、「母の借金は母の借金で私には関係ない」と私ははっきり言いました。

だって、その時も出来る限りの援助は母親にしていたので、それ以上払えと言われても、どうしようもありませんでしたからね…

ですから、親の借金のせいで責任を問われて返済を迫られることがあっても、「払う義務は無い」と言い通してしまった方が良いです。

親が亡くなったら子供に借金の責任が…

親が元気にしているうちは「親の借金は子供に返済義務は無い!」と言い切ってしまえるのですが、もしも親が病気や事故で死亡した場合は、返済義務が子供にまわってくることになります。

これは、親の財産も債務も、子供が相続することになっているためです。

現金や不動産などの財産を相続できるなら嬉しいですが、借金なんて誰も相続したくないですよね…

でも、これが現実。

親の借金は生きている間は子供に返済義務はないけれど、亡くなった途端に子供に返済義務が生じる。

このことは、借金を抱えている親がいる人は、頭に入れておかなくてはいけません。

借金の相続は子供の数で分割される

借金を相続する時は、借金の総額を子供の数で割って負担する事になります。

配偶者がまだ生きている場合には、借金の半分を配偶者が相続して、残りを子供の数で割る事になります。

親が死ぬ前に債権者と「誰にどれだけ借金を背負わせるか」という取り決めを決めているなら別ですが、そうでない場合は、基本的に配偶者が半分、残りの半分を子供の数で分割することが決まっているのです。

親に遺産が無いなら相続放棄をすることで借金返済を逃れる事もできますが、「持ち家は相続したい」「親の会社は引き継ぎたい」などの事情があると、借金を背負わざるを得ない場合もありますよね。

親が元気なうちに借金を完済してくれれば良いですが、返しきれない借金があった場合は大変なので、子供の方が親の借金をあらかじめ把握して事前に対処しておくことも大切です。

親の借金は子供が肩代わりしたり一緒に返済するべきなのか…?

他人に「親の借金は子供にも責任がある」と言われたら否定するべきですし、「借金を肩代わりしろ」と言われたら、法律違反だとして警察や弁護士に相談した方が良いです。

ただ、それでも、現実的には親の借金の返済を放っておく事は難しいかも知れません

親が多重債務で苦しんでいたら、子供としては、やっぱり心配でたすけてあげたくなるもの。

私自身の経験を振り返れば、自分には責任は無いと思いながらも、知らないふりで通すという事はできませんでした。

結果、自分まで借金をしてしまい、家族みんなで借金地獄にはまってしまうことに。

ですから、やはり親の借金を子供が負担する事はやめておいた方が良いと思います。

肩代わりすると親の甘えがエスカレートすることも…

自分のお父さんやお母さんが借金返済で苦しんでいたり、取り立てに怯えていたりすると、子供としては「自分がなんとかしないと」と感じますよね。

親に「お金を貸して」と言われると断りにくいですし、ずるずると言われるままに自分のお金を親の借金返済にまわしてしまう子供も多いのではないでしょうか。

私も経験があるので、そうするしか仕方ない事は分かりますが、できるかぎり親の借金は親の責任で返済させた方が良いと思います。

子供が親の借金を背負ってしまうと、親の甘えがエスカレートすることもあって、結局親子で共倒れになってしまう可能性が高いです。

親の借金は親に払わせる!

私の母親は最終的に自己破産をして借金を清算しました。

きっかけは、私や兄が「もうお母さんの借金返済は手伝いたくない」「お母さんが借金まみれで生きていけなくなっても仕方ないと思う」と宣言した事です。

それまでずっと母親の借金を兄妹で背負ってきましたが、いくら返してもパチンコに使ってしまって、まったく減らない。

こんな生活を続けていては何十年経っても借金は完済できないと思い、母親に「もう助けない」と伝えたのです。

その数カ月後、母親は自分から司法書士の事務所に通い、自己破産をしました。

それまでは、いくら私や兄が言っても「自己破産はできない」と言っていたのに、すべて自分で返せと言われた時に、1人ではとても払いきれないと気付いたのだと思います。

多額の借金を抱える人というのは、基本的に甘えが強かったり、性格がルーズだったりします。

なので、借金で追いつめられながらも「困ったら誰かが助けてくれるだろう」と思い込んでいる部分もあるかも知れません。

親がもしそういう考えを持って甘えて来たら、子供は死ぬまで苦労をさせられる。

そう考えると、親の借金の返済を子供が手伝う事は得策ではなくて、あえて突き放して「自分でどうにかしたらいい」と言い放ってしまう方が、意外に解決は早いのではないかと感じます。