自己破産

親が自己破産したら子供はどうなる?母親と兄が自己破産して分かったこと

借金が増えすぎて返済が間に合わなくなった時、「なんとかラクになりたい」という気持ちで自己破産を考えることもありますよね。

でも、親が自己破産すると子供に迷惑がかかるのではないか…

と、心配になる人もいるのではないでしょうか。

子供の立場で考えても、親が借金で自己破産しそうになっていると、親が自己破産すると自分に被害があるのではないか?と、心配になることもあるでしょう。

私は実際に親と兄が自己破産をしており、破産者の家族という、当事者目線で分かることがたくさんあります。

こちらの記事では、「親が自己破産したらどうなるか」について、私の体験談をまとめておきました。

自己破産することで家族への影響はあるのか…と、不安になった時にぜひ読んでみて下さいね。

親が自己破産をするとどうなるの?

私の母が自己破産をしたのは10年ほど前です。その時、私は20代前半でした。

続いて、その数年後に兄も自己破産をしました。

母子家庭で母と兄と3人家族で育った私にとって、自分以外の家族がみんな自己破産しているというのは、なんともいえない複雑な感覚があります。

家族が自己破産するのって、普通ではなかなかあり得ない状況でしょうし、人に言ったら絶対にひかれると思うので、リアルでかかわる人にはとてもじゃないけど伝えられないです。

ただ、母と兄が自己破産するのにはそれなりの事情があり、「他に道が無い」という切迫した状況だったのです。

なので母親や兄が自己破産したことについて「やめて欲しかった」「迷惑だった」という思ったことはありません。

むしろ、私の方から「自己破産すれば良いのに」と思っていたこともあって、母にはずっと「無理だ」と断られていたので、母が自己破産を決意した時には「やっとか…」と感じたのです。

親が自己破産するのを喜ぶ子供というのも、もしかすると珍しいかもしれませんね…

ただ、長年借金の返済に追われている母親をずっと見ていましたし、自分が働くようになってからは給料のほとんどを母親の借金返済に回していたこともあって、「もうこんな生活は嫌だ」という思いがものすごく強かったです。

今思い出しても、あの時は悪夢のような毎日でしたね。

親が自己破産しても子供への影響はほとんどない

「親が自己破産すると子供への悪影響やデメリットがあるのではないか?」

という心配の声がありますが、私自身のことを振り返ると、特に何か支障があるようなことは無かったです。

親が自己破産する時は子供の貯金まで調べて本当に返済能力が無いか調べられるという噂もありますが、そういうのも全然なくて大丈夫でした。

就職で親の自己破産が障害になることもありませんし、そもそもこちらから言わなければ、親が自己破産していることが周囲にバレることも無いので。

職種によっては、同居する親の信用情報を調べられて、それが就職の妨げになる場合もあるようです。

でもそれは、例えば銀行員のような特殊な仕事の場合のみで、普通の仕事なら親の信用情報まで調べられるはずはありません。

親と別々で暮らしているならなおさら、親の自己破産が子供の人生に悪影響を及ぼすようなことは無いので、心配する必要は全然ないと思います。

自己破産しない方がデメリットが大きい?

私の経験を振り返ると、母親が自己破産するまでの方が、借金返済の重圧が大きすぎて、毎日「お金お金」ばかり考えて生きていてつらかったです。

ですから、母親が自己破産して債務をチャラにして来てくれて、娘としては有難い気持ちになりました。

もともと母親がパチンコで作った借金ですから、私が有難いとか思うのもどうかと思いますが…

とにかく本当に苦しかったので、自己破産は今でも正解だったと思っています。

もしもあの時に母親が自己破産に踏み切っていなかったら、いまだに払いきれない借金を返済し続けていたと思います。

そういう風に考えると、子どもにとっては親が自己破産してくれた方が助かることの方が多いかも知れないですね。

家柄を調べられたら大変かも…

親が自己破産をしても子供に直接的な被害はありません。

ただ、そうは言っても「親が自己破産した」という事実は恥ずかしいこと。

もし結婚を予定している相手がいて、先方がすごくお金持ちで家柄を気にする家庭だったら、親が自己破産している事を調べられて破談になりかねませんし、そういう時には「取り返しのつかないことをした」と感じることもあるでしょうね。

私の家の場合は「失うものなんて何も無い状態」だったから、自己破産はメリットの方が大きかったですが、その辺はそれぞれの家庭の事情によるものが大きいと思います。

親に渡す金銭の負担が軽くなるメリットも

借金の返済があると、それを理由に金の無心をする親もたくさんいるでしょう。私の母親がそうでした。

毎月、決められた額は渡しているのに、1週間もすると「足りない」「返済が出来ない」と言って、「少しでも良いから出して欲しい」と頼みにくるのです。

断っても断っても、何度でも言いにきますし、職場にまで来られた時には「親子の縁を切りたい」と本気で思いました。

こういうのは私だけに限らなくて、借金だらけの親を持つ子供なら同じような経験がある人はたくさんいるようです。

なので、自己破産することで借金返済を免れて、親に渡すお金の負担が軽減されるというのは、子どもにとって大きなメリットになります。

親の自己破産に気付かないケースもある?

母のあとに兄が自己破産した時は、兄はほとんど私に報告せずに1人でやってしまいました。

だから、詳しいことが分かった時にはすでに破産が完了していたのです。

この時に分かったのは、「家族が自己破産したとしても、本人が教えてくれないかぎり、こちらから知ることはできない」ということです。

ですから、もしかしたら親や兄弟が自分の知らないうちに自己破産をしているというケースも、意外にたくさんあるのではないでしょうか。

私の兄は、その前から「自己破産やろうかな」とは言っていたので、驚きはしませんでした。

ただ、自分で弁護士事務所を探して1人きりで全てを終わらせたと聞くと、一言くらい相談してくれても良かったのに…、と思いました。

長男として、家族を不安にさせたくないという思いがあったのでしょうが、少し寂しかったですね。

親と兄が自己破産しても生活は変わらなかった

自己破産した兄ですが、そのあとも仕事を続けて堅実に生きています。

破産前に所有していた車は無くなりましたが、最近になって中古車を現金で買ったので、はたから見ると本当に普通のサラリーマンという感じだと思います。

自己破産したことは特に会社に知られることも無かったそうで、今は付き合っている同僚の女性との結婚を考えているみたいです。

兄は付き合っている彼女に自己破産のことだけは知られないように、細心の注意を払っていると言っていました。

たとえ親のせいだとしても、多額の借金を抱えて自己破産したというのは、他人には絶対に知られたくないことですよね。

ましてや結婚を考えている恋人となると、細心の注意でバレないようにしている兄の気持ちはよく分かります。

親の借金で苦しんでいるなら自己破産も1つの解決法になる

結論としては、親や兄弟が自己破産したとしても、他の家族にはほとんど何も影響はありません。

むしろ借金を抱えている方が、返済の費用を負担したり、生活費を負担したりしないといけなくて、家族みんなが大変な思いをすることが多々あります。

自己破産しないようにお金を管理するのが一番良いことですが、本当に借金で首が回らない状態になったなら、家族のためにも自己破産するというのが1つの手立てだと思います。