自己破産

自己破産できるか確かめたい、できない場合の条件はどんなもの?

借金の返済が苦しくて自己破産したいけど、自分が自己破産できるのかどうか分からず不安だという人は多いみたいです。

確かにうちの母親や兄も、自己破産する時に裁判所が認めてくれるかどうか心配していましたね。

せっかく勇気を出して自己破産の決断をしたのに、結局認められなくて債務が残ってしまった…っていうのはツライと思うので、自己破産を決める前に悩む気持ちはよく分かります。

母親と兄は無事に自己破産できて債務がチャラになったので、自己破産が認められないケースは目にしたことがありませんが、どういう条件で認められるかは自分なりに調べたりしてたのでまとめてみました。

自己破産の条件

安定した収入がない

自己破産って債務をチャラにしてくれる有難い制度なわけですが、貸している側からすると、簡単に自己破産されちゃうと損してしまいますよね。

だから、誰でも自己破産ができるんじゃなくて、本当に生活に困っている、お金が無い人だけに認められるのです。

安定した収入があって、借金を返済する余裕もあるくせに「自己破産したい」と言ったって、それは問屋が卸さないって感じなんです。

ただ、安定した収入という面で言うと、母親も兄も自己破産した時はきちんと働いて安定した収入はありました。でも、その給料では払いきれない借金を抱えてしまっていたのです。

母親でいうと、月12万円くらいの手取りなのに、月に支払う返済の額が全部合わせると10万円くらいありましたからね。むちゃくちゃですよ。

まあ、私からしたら、こんだけ収入が少ないおばさんにいくら頼まれたからって、いくらでも金を貸してしまう会社もひどいと思うんですけど。

というわけで、たとえ安定した収入があっても返済が無理ゲーなくらい借金してしまっていたら、自己破産は認めてもらえるんだと思います。

生活が困窮している

収入の話につながりますが、収入があっても右から左に返済に消えてしまって、お金が無くて生活が困窮しているような場合だったら、たぶん間違いなく自己破産させてもらえると思います。

めちゃくちゃ貧乏で困っているのに自己破産が認められないなら、それはいったい何の制度なんだって話ですからね。

たまに貧乏を装って、財産を隠して自己破産する人もいるようですが、そういうのがバレると認められないと思います。

預金残高とか持っている財産とか調べられますが、家の中まで漁りにくることは無いので現金で隠していたらバレないですむこともあるかも知れないですね。

自己破産ってすごく貧乏な人がやるイメージですが、兄が裁判所に免責審尋(めんせきしんじん)に行った時に一緒にいた人の中には高級そうな服装をした金持ちそうな女性もいたと言ってました。

(裁判所の免責審尋は集団で行なわれることが多いみたいです)

どうしても返済が出来ない

逆立ちしても返済が出来ない、どうしてもお金が作れないという人は、少額の借金でも自己破産ができるみたいです。

一節には100万円以下でも状況が合えば自己破産が可能ですが、その場合だと「働けない理由」みたいなのが必要になるでしょうね。

働けば返せるじゃん!みたいな状況だと認められないだろうし、返したいけど働けないから…っていう状況があれば認められると思います。

不慮の事故で障害が残ったとか、ブラック企業で働いて精神疾患を発症したとか、何らかの事情で仕事につくことが出来なくて、でも借金の返済は迫っていて…みたいな時には裁判所も仕方ないから認めてくれるのではないでしょうか。

自己破産ができないとめちゃくちゃショックを受ける

うちの母親も兄も自己破産が認められたから良かったけれど、もしダメだった場合、すごく悲惨な状況だったと思います。

めちゃくちゃショックを受けますよね普通に。

なにしろ生きるか死ぬかくらい追いつめられた状況で、「最後の手段」と思って、勇気を振り絞って自己破産の手続きをしましたから。

もしダメだったら…って、想像するのも恐かった。

自己破産は弁護士や司法書士に払うお金もかかりますし、何度も事務所に通って話をしないといけなかったり、貯金を調べられたり、最後は裁判所にも行かないといけないし、結構しんどいことは多いです。

もともと母はめんどくさがりで、そういうのが出来るのか私は不安でもありましたが、きちんとやり遂げてくれたのは嬉しかった。

さすがに母にとっても借金生活がしんどかったんだろうなぁと。

弁護士の無料相談だけ行ってみるのも良いかも

うちの母親も兄も最初に相談に行った時は1万円くらい取られたらしいです。(相談だけで1万円って、良い仕事だなぁ…)

でも、調べてみたら市役所とかで弁護士の無料相談ってよくやってるから、気になっている人は住んでいる地域の役所でそういうのがないか、まず調べてみる方が良いと思います。

母親と兄も、もうちょっと心に余裕があったら、そういう機会を利用できたのでしょうが、私も含めてそういうの全然考えられなかったですね…

弁護士は専門家ですから事情を言えば「自己破産が出来るかどうか」は大体分かると思いますし、迷って悩んでいるよりは、そういう無料相談を受けてみることが第一歩になると私は思います。